バブ誕生!?の話 

数日前におしるしが来ていた事もあり、そろそろ来るかも!と予感していたママ。当日は娘の幼稚園の入園式だったのですが、ママはすごく行きたい気持ちを抑えて何かあったらいけないと大事をとって家で大人しくしていました。

入園式もなんとか!?終わり、家でいつも通り過ごしていました。

予定日の4日前。

夕ご飯を済ませて、娘とお風呂に入り、寝かしつけて…

あっ

・・

・・

いたた・・・

なんか陣痛が来た気がする・・・

でもこんな痛みじゃなかったけど

前駆陣痛かな

いっ

いたた・・

とりあえず実家のママのお母さんに連絡。

出産時はパパが立ち会い、娘と家でお留守電してもらう予定だったんです。

「今日、もしかしたら産まれるかもだからうちに来れる準備しておいて。」

「うん、でも20分くらいはかかるよ」

「あっ、全然大丈夫、また連絡します」

30分後、陣痛の間隔が5分切るようになってきたようで、ママの思ってたほどの痛みじゃ無いけど、病院と相談の上、病気に行く事に。

またすぐに実家のお母さんに電話。車で10分くらいの距離。最初の電話から30分くらい経ってるしすぐに来てくれるだろうと。

10分・・

・・

20分・・

・・

全然来ない。

陣痛・・

だんだんイライラしてきました。

なんで事前に言ってたのに来れない?

結局・・

電話から40分くらいたってやっとお母さんが家に来てくれたのでやっと病院に行ける事になりました。

この間にマタニティータクシーで先にママだけ病院に行ってもらおうか相当悩んでヤキモキしてました。

マタニティータクシー🚕

住んでる地域によってあったりなかったりするのかもしれませんが、一度事前に調べて

もしあるなら登録しておくと安心ですよ~。

マタニティータクシーの運転手さん、

もちろん普通のタクシードライバーさんなのですが、自分の自治体は

助産師の指導する講習を受けていたり

破水に備えて防水シートやバスタオルを準備してくれていたり

安心ですよね!

陣痛来てる時に運転なんて出来ないですからね。。

そんなこんなでなんとか家から病院に出発!

10分少々の道中、大きな陣痛が来てたようで車の中で叫んでいました・・・

早く病院に行かなきゃ

焦る気持ちで、車のスピードもついつい上がりがちだったのですが、このときはなぜか妙に冷静で、自分に安全運転、安全運転って言い聞かせてました笑

今回も産院は長女の出産時と同じ焼津市の前田産科婦人科医院さんでお世話になりました。

当然妊婦検診もここでした!妊婦検診の話は(パパの働きも毎回少しあったのでまた後日書きますね)

そんなこんなでなんとか病院に着いて

娘の出産時も同じ産院でしたのでまた来たなぁ・きついなぁ・・と感じたのでした。笑

えっ?

あなたが?

・・・

・・・

・・・

パパですよね?

えぇ。

前回は入院して、

36時間くらいかかって産まれて

ずっと横でお尻の穴の近くを押さえてさすって、徹夜で応援してたのでそれなりにきつかったんです。

わかってます。

産む方が何千倍もきついし痛いと思う。

助産師さんにすぐに内診してもらったら……

ここ結構緊張しました。

いくら陣痛来てるって言っても開いてきてるのかどうかで時間がだいぶ変わってくるらしいので。。

最悪の場合、一回家に帰って出直してもあり得る・・

そんな緊張感でした。

「うん、開いてきてますね、5-6cmかな」

そんなに時間かからないと思うよ〜と助産師さん。

大体子宮口が10cmくらい開くと産める状態らしいです…。。

あと何時間かな…

苦しんでる妻を目の前にして、夜がめっぽう弱いパパ。笑

40分から50分に一度、助産師さんが様子を見に来てくれます。その間、4〜5分毎の陣痛。1分とか続くので何もない時間は3〜4分です。

陣痛が来ている間は

大丈夫、よく頑張ってるよ!その調子!ありがとう!赤ちゃんも頑張ってるね!

なんてことを言い続けていた気がします。

テニスボールで🎾お尻を押さえながら…

3回目の往診の時だったでしょうか?

助産師さんが子宮口を、確認。。

「開きはもう少しって感じだけど、どう?がんばれる?産んじゃう?」

迷わず、はい!お願いしますと妻!笑

そんな流れで出産になることに若干違和感を覚えながらもプロが言うことだから間違いない!全面的にお任せしますと言う感じでした。

寝ていたベッドが分娩台になり、器具一式が運ばれてきて…

ここからはパパの出番なし!となるのですが、いま自分に何ができるか?を考えた末、励まし続けることしか思いつきませんでした。

正直、ここから先は不安と期待、心配、様々な感情が入り混じりあんまり経過を覚えていません。

頭が出てきたよ!

そうそう、呼吸頑張ろう!!

助産師さんと掛け合いながら本当に頑張っているママの姿を見ると自然と涙が出てきます。

出てきたよーもう少し!

最初、産まれた子は泣きませんでしたが

先生の処置?羊水を吐かせたのか何をしてたかわかりませんでしたが、程なくして元気な鳴き声を聞かせてくれました。。元気な男の子。

入院して4時間弱。めちゃくちゃ安産でした。ほんとうにママ、産まれてきてくれた息子、助産師さん、医師の先生、スタッフの方、感謝で涙が止まりませんでした。

本当にありがとうございます。

こうして我が家は3人家族から4人家族になったのでした。